日本の国宝|刀剣特集 - 天下五剣ほか

国宝特集S2-刀剣特集(天下五剣・国宝の刀剣)

国宝の工芸品に分類される文化財の中でも、その数が多い(約半数)のが刀剣(日本刀):太刀、大太刀、短刀など。剣や槍、薙刀も広義には含まれる)。そのうち「名物」と称されるもの、固有の名称(号)を持つ太刀は14振り。
名物の刀剣は、名(号)と刀工の名「銘」を併せて呼ばれることもある。(例:三日月(号)+宗近(銘))

また、日本刀を作る(鍛刀)「刀工」は、地域や特徴により流派「刀派」に分類される。
刀派では山城国来派(らいは)、粟田口派、備前長船(おさふね)派、備前福岡一文字派、備中古青江派、三条などがあり、刀工は「安綱」「宗光」「来国光」「吉光」「長光」「国重」「左文字」「兼貞」「村正」「肥前国忠吉」「正宗」「虎徹」「貞次」「光世」などが著名。

現在、ゲーム刀剣乱舞(とうらぶ)の人気もあり、東京国立博物館で天下五剣に挙げられる国宝「三日月宗近」公開の際や大阪歴史博物館で短刀「乱藤四郎」の公開の際には、多くの女性ファンが詰めかけるなど、刀剣ブーム(日本刀ブーム)ともいえる状況で、大いに「刀剣」に注目が集まっている。


天下五剣

まずは何と言っても「天下五剣」
特に名刀といわれる5振りの日本刀のことで、国宝に指定されている3点「三日月」「童子切」「大典太」、御物「鬼丸」、重要文化財「数珠丸」の5剣。
※「御物」とは皇室の所有品のことで、宮内庁が所蔵する。
国宝:三日月(みかづき)宗近
区分:太刀/刃長80cm (東京国立博物館所蔵)
三条宗近の作。「天下五剣」の中でも最も美しいとも評される。
足利将軍家の秘蔵の名刀として継承され、その後、豊臣秀吉(正室高台院)が所持し、徳川秀忠に贈られて、以来徳川将軍家の所蔵となった。
  画像「三日月宗近」 www.milradio.orgより引用
国宝:童子切(どうじぎり)安綱
区分:太刀/刃長80cm (東京国立博物館所蔵)
足利将軍家から豊臣秀吉、徳川家康、徳川秀忠、松平忠直に継承され、越前松平家の高田藩から津山藩に継承された。
  画像「童子切」 www.milradio.orgより引用
国宝:大典太(おおでんた)光世
区分:太刀/刃長65.75cm (前田育徳会所蔵)
典太光世の作。足利将軍家の家宝であったが、足利家の没落により流出し豊臣秀吉の所有となり、その後以降、前田家第一の家宝として代々伝えられた。
  画像「大典太」 www.milradio.orgより引用
御物:鬼丸(おにまる)國綱
区分:太刀/刃長78.2cm (宮内庁所蔵)
山城国の刀工、粟田口六兄弟の末弟である国綱の作。
北条家、足利家の重宝、その後は織田信長を経て豊臣秀吉へ伝わったという説と、直接秀吉へ贈られたという二説があるが、その後明治天皇の元に取り寄せられ御物として皇室の所蔵となった。
  画像「鬼丸」 www.milradio.orgより引用
重要文化財:数珠丸(じゅずまる)恒次
区分:太刀/刃長81.1cm (本興寺所蔵/兵庫県)
青江恒次の作。「珠数丸」とも。日蓮が所持していたとされ、日蓮没後は他の遺品とともに身延山久遠寺に保管されていたが、行方不明となり、1920年(大正9年)ごろ再発見されたため久遠寺に返納しようとしたが、本興寺に寄進され現在に至る。
  画像「数珠丸」 www.milradio.orgより引用

名物の太刀(国宝・御物)

大包平(おおかねひら)/国宝:東京国立博物館所蔵
 日本刀の中の最高傑作といわれ、東の横綱「童子切安綱」ともに西の横綱と例えられる。
へし切長谷部(へしきりはせべ)/国宝:福岡市博物館所蔵
 織田信長が所有していた刀で、押し当てるだけで斬ったことから圧切(へしきり)と言われる。のちに黒田官兵衛が拝領したとされる。
七星剣(しちせいけん)/国宝:四天王寺所蔵 北斗七星が刻まれている。
鶴丸(つるまる)国永 /御物:宮内庁所蔵
 織田信長や伊達家が所有し、明治天皇に献上されたとされる。

その他著名な刀剣・日本刀

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ):草薙の剣とも呼ばれ、日本書紀や古事記に登場する三種の神器の一つ。
村正(むらまさ):東京国立博物館所蔵 村正は伊勢国の刀工の名。徳川家を祟ったとされ、「妖刀村正」などともいわれる。

国宝刀剣の展示

国宝の展示については、その保存の観点から常設展示できないものも多く(注)、博物館の企画展などの特別展示の際や、所蔵する寺院などでの期間限定の展示の際にしか見られないものも多いので、国宝級の刀剣が見られるのは非常に貴重な機会といえる。

刀剣博物館(日本美術刀保存協会)
特別展 備前刀剣王国(第一期) 6/9-8/23:重要文化財 太刀 銘 正恒他
特別展 備前刀剣王国(第二期) 8/25-11/1

東京国立博物館 太刀「三日月宗近」:2015/5/12-7/20(終了)
大阪歴史博物館 短刀「乱藤四郎」:2015/3/11-5/11(終了)




-リンク-
備前刀剣王国
特別展 備前刀剣王国
刀剣博物館

美術館博物館情報
東京の美術館・博物館情報サイト